あかぬのとびら

リニューアル準備中。めんどくさくなったらこのままのデザインで継続するかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どうも同感できない。

現在バチバチなっている
TBSと楽天の問題なのですが
フジテレビのときも思ったんだけど

なんでテレビ局の経営陣というやつは
こう甘いのでしょうか?
メディアの公共性を本当に守りたい
のならば株式の上場なんぞやらなきゃいい
などとも思うわけで。

資金を集めるため上場するということは常に
買収される危険性があるということで

買収防止策を充分にとっていなかった
TBS経営陣がなにより問題なわけで。

その経営陣が買収相手に対して「買い増しは
しないと信じている」だとか「人間を磨いて出直して
ほしい」だとかほざいているのはどうかとも
思わないではありません。

個人的にはこの騒動の裏で暗躍している
外資のほうが気になります。

楽天側にはゴールドサックスマン
そしてTBS側にはメリルリンチが
ついているそうな。

この両方が裏でバランスをとると
外資が株で大儲けをして
TBSの残骸を楽天が吸収するという
とてもステキな展開も考えられます。

買収が敵対的かどうかなんてのは
主観的に考えるもんだと思いますしね。
味方だと思っていたものが実は敵方に
通じてたなんてのは江戸時代以前から
普通にあることだし。

日本の個人投資家はその動きを読んで
みるのも面白いかも。

世論の風もあると思うので
フジテレビのときと同じような
TBSが株買戻しをして楽天と事業提携の成立
あたりに落ち着く可能性も高いですが。

少なくとも楽天はTBSの映像コンテンツは
手に入れられるような気がします。

こういうときにどんな言葉が似合う
か考えてみたんですが「ご利用は計画的に」
って感じでしょうかね?いろんな意味で。








スポンサーサイト
  1. 2005/10/26(水) 22:25:12|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akara.blog12.fc2.com/tb.php/240-928060ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。