あかぬのとびら

リニューアル準備中。めんどくさくなったらこのままのデザインで継続するかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ご注意ください。

建物への落書きが「建造物損壊」にあたる
という判断が最高裁で初めてでました。


関連記事



最高裁でそのような判決がでれば
「判例」という形で今後の裁判の
判断の基準となる可能性が高いです。

これで「アート」と称して
路上の壁とかにスプレーで落書きしていた
連中も速攻でしょっぴくことができる
ようになったと思われ。

それは良いことだと思います。

ただちょっと心配なのは「子供のらくがき」
とかが今後どういう扱いになるかってとこ
ですね。

らくがき=「建造物損壊」って図式になれば
子供の監督を怠ったとして親の監督責任を
問われるところまでいっちゃったりするんでしょうか?

実際に問われるかということよりも
そんな難癖をつける輩が急増するんじゃ
ないかなとそんな心配をしています。

「知ってるか?あんた。最近は子供のらくがきも
建造物損壊にあたるんじゃぞ。どうしてくれんねん?これ。」

ってな具合で。

実際そこまで裁判で判例はいまのとこでてませんので
変な威圧感に押し切られないように親の皆様は
ご注意くださいませ。



スポンサーサイト
  1. 2006/01/20(金) 09:24:33|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akara.blog12.fc2.com/tb.php/386-b0896c1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。