あかぬのとびら

リニューアル準備中。めんどくさくなったらこのままのデザインで継続するかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

郵政。

どうやら今週結構な注目を浴びそうな
郵政民営化法案ですが
「賛成か反対か」と問われたら
うーんとしばし悩んでしまう感じです。

(以下激長です。興味のない方は読み飛ばしの方向で。
間違い知識があったらすみません。)


民営化といって一番に思い出すのは
国鉄がJRになったときのことなんですが
旧国鉄の職員に対しては結構理不尽な
リストラや不当解雇があったようですし
いまだに裁判の動きがあるくらいですもんね。

郵便局で働く人にとってはそういう問題は
本当に深刻だと思います。
これには憲法等において公務員というものの人権
がある程度抑制されているという事情があります。

例えば消防職員や警察官が
労働時間や労働環境の改善を訴えた
場合にそれを人権としてすべて認めて
しまうと組織自体の運営に支障をきたし
かねません。

極端な話災害時に有給で休めたりしてしまうわけです。

それじゃあ困るということで公務員の
人権というものはある程度憲法で抑制しているんですが
その分は「親方日の丸(古い言葉ですね)」
という言葉があるくらいの厚い保障で
補っていたりします。

それが「民営化」という普通では
想定していなかった事態に直面すると
法整備がカバーしきれていない箇所ですので
結果として一般の会社ではあり得ない
確実に訴えられてしまう不当解雇が
可能となってしまうのです。

なので郵政民営化をすればこのような職員の問題は
まず必ず起こると思います。

次に良く問題が議論されている郵便局の
統併合による郵便局の減少と郵便配達網の
弱体化ですがこれもやっぱり実際に起こる
と思います。だから現在より郵便が不便に
なる可能性はあると思います。郵便料金も
値上げされるだろうし。

あとは民間の運送会社やコンビニを利用
することによってどこまでそれを補って
いけるかということになると思いますが
個人的には意外となんとかなるのでは
ないかと思っています。離島とかは
きびしいかもしれませんが。

以上が僕が思うところの大きなデメリット。

それではメリットは何かと言えば
それは「ゆうちょ」でしょう。「ゆうちょ」。

郵便貯金。日本最大の預金高を誇る
ビッグマネーです。

いままでは官僚役人がこの資金の運営を
してましたが民営化すれば普通の銀行の
ように融資が可能になるわけです。

これによってどれだけ企業の資金が
潤うかはかりしれません。

また一般の銀行と郵便貯金が肩を
並べることでいままで塩漬けになって
いた資金達が他の銀行に流れることも
考えられます。

日本経済のカンフル剤として
かなりに有効な手なのではないかと
個人的には思っています。

そんなわけでメリットもデメリットも
あるわけですが一般庶民に対しての
直接的なメリットはたぶんありません。

ですが借金大国日本の借金返済には
有効ではないかと思いますので
一国民としてメリットがあるとも言えるかも。

正直蓋を開けてみなければ
よかったのか悪かったのかが
わからない。

それが「郵政民営化」だと思います。

それでも僕が郵政民営化に賛成なのは

郵政民営化反対の議員達の顔ぶれ

この理由につきます。はい。






スポンサーサイト
  1. 2005/07/31(日) 21:10:32|
  2. 世迷言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akara.blog12.fc2.com/tb.php/74-e2fa713d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。